お金を借りると、個人情報が他のカードローン会社に漏れてしまうってホント? 質問:お金を借りると、個人情報が他のカードローン会社に漏れてしまうってホント? 解答:カードローン会社が、お客さまの個人情報を個人情報保護法で許容される範囲を超えて他社と共有することはありません。

お客さまの個人情報は個人情報保護法に則って、厳重に管理されます。また、カードローン会社の社内の一部の人間にしかお客さまの情報を閲覧することはできません。したがって、お客さまの個人情報が、個人情報保護法で許容されている範囲を超えて他社と共有することはありません。ただし、お客さまがお金を借りた履歴・借入れ残高・事故情報などの情報(信用情報)は信用情報機関を通して各社で共有されています。これはお客さまの経済状況を超える無理な貸付けや借入れを防ぐことを目的としています。各社とも厳密なルールの上、お客さまの個人情報・信用情報を守っています。

キャッシングや銀行の借入れなどは、全国にある信用情報機関にデータが共有されています。その代表的な機関が株式会社日本信用情報機構(JICC)や、全国銀行協会(JBA)が運営する全国銀行個人信用情報センター(KSC)、クレジット会社の共同出資による株式会社シー・アイ・シーなど。各種信用情報機関がネットワークで情報を共有し、取引の状況・照会の履歴などを管理し、各社の審査判断の情報源となる役割を持っています。また、ここで取扱う情報は会社間で共有するだけでなく、自身で閲覧することも可能です。 なお、日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シーは貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣より指定されています。 この信用情報の中には、カードローンや消費者金融・クレジットカードの借入れ残高以外にも、携帯電話の機種代金の月賦なども含まれます。携帯電話端末料金を滞納してしまうと、支払いが行われなかった記録は信用情報として共有されてしまいます。携帯電話端末の分割料金も、実は立派な債務ですので、うっかり滞納し、ご自身の信用情報に傷がつく…ということもあります。


「知っていれば安心!お金を借りるアレコレ」ウェブサイトは、お金を借りることに関わる一般情報の提供を目的とし、第三者の監修と新生銀行による編集を経て掲載しています。これらは、新生銀行で収集が可能な情報と、一般に公開されている情報に基づいており、その更新に努めていますが、新生銀行はこれらの掲載情報が正確、最新、完全であることを保証しません。その他、当ウェブサイトのご利用にあたっては、「利用条項」をご確認ください。