自分にあったカードローン会社を見極めよう!

カードローンを利用して借入れをするにしても、どのカードローン会社から借入れをすればよいのか…悩んでしまいますよね。ここでは、数あるカードローン会社の中から、どの会社を利用すればよいか、その見極めのポイントをご紹介いたします。

ATM
カードローン会社が提携しているATMも含めて、利用できるATMが生活圏内にあるか確認しておきましょう。行動範囲内にATMが多く設置されている会社が自分にとって便利な会社です。ATMを利用する際に生じる手数料についても、会社によって異なるので確認しましょう。
借入れスピード
「即日融資」を掲げている会社が多くありますが、同じ「即日」でも、何時まで各種確認書類の提出が必要か、最終的には店舗や自動契約機に行く必要があるかなど、会社によって異なります。借入れについても、店舗まで行く必要があるか、それとも銀行口座へ振込みしてもらえるのか、会社によって異なるので確認しましょう。
借入金利
【1】
「6.0%〜18.0% 」といったように、多くのカードローン会社が金利についてある程度の幅を設定しています。 低い金利は、借入限度額が高い場合や、ある程度利用していて信用が高まった場合などに適応されることが多く、 はじめてカードローンを利用する方は、高い方の利率を想定しておくとよいでしょう。 例えば、50万円を借入れし5年間で返済する場合、年利14%の場合だと、お利息を含めた毎月の返済額は11,634円となり、 返済総額のうち利息分は合計198,040円となります。また、年利18%の場合だとお利息を含めた毎月の返済額は12,696円で、 返済総額のうち利息分は合計 261,760 円となります。わずか4%の金利の差によって毎月の返済額に1,000円近くの差が出て、 返済総額のうち利息分の合計では約60,000円もの差が生じてくるのです。

【2】
一定期間利息が発生しないサービス(一定期間無利息等)を扱っている会社もあります。会社によって無利息の期間や金額などの条件が異なることもあるので、細かな条件を確認する必要があります。無利息期間後の金利についても事前に確認しましょう。

例えば、新生銀行レイクが提供する「30日間無利息」のサービスは、契約された日の翌日から30日間、無利息の期間となります。また「5万円まで180日間無利息」というサービスは、契約額が20万円以上という条件(実際の借入れ額は契約額以下でも利用できます)が付きますが、このサービスを利用した場合は、実際の借入れ額のうち5万円分について利息が発生しません。

一定期間無利息サービスのメリットだけに目を向け、返済計画もなく借入れを行うのは止めましょう。しっかりとした返済計画を立てたうえで、上手な利用を心がけることが重要です。

「知っていれば安心!お金を借りるアレコレ」ウェブサイトは、お金を借りることに関わる一般情報の提供を目的とし、第三者の監修と新生銀行による編集を経て掲載しています。これらは、新生銀行で収集が可能な情報と、一般に公開されている情報に基づいており、その更新に努めていますが、新生銀行はこれらの掲載情報が正確、最新、完全であることを保証しません。その他、当ウェブサイトのご利用にあたっては、「利用条項」をご確認ください。