知っておきたい! お金を借りる「限度」とは

お金はいくらでも借りられる、というものではありません。お金を借りるには「限度」というのがあり、カードローンなどを提供する会社側がお客さまの返済能力、過去の借入れ実績などを審査した結果、利用できる限度額を設定します。

銀行は独自の審査によって限度額を決定し、消費者金融の限度額は、 独自の審査基準に加えて貸金業法によって規制もされています。2010年6月に貸金業法が改正・完全施行され、 借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制「総量規制」が実施されました。 銀行が取扱うカードローンは総量規制の対象になりませんが、消費者金融などの貸金業者の場合、 お客さまの借入れは原則として年収の3分の1以下と定められています。例えば、年収300万円の方は、 貸金業者から100万円までしか借りることが出来なくなり、すでにそれ以上借りていれば年収の3分の1の範囲内に収まるまで、 借入れが出来なくなります。

自分がどれだけ借りることが出来るかの目安を知りたい場合、申込み前に借入れ診断をすることが可能です。 各社サービスによって異なりますが、電話やインターネットなどで気軽に事前診断を行うことが可能です。

なお、カードローンの借入れの残高は、住宅ローンの審査に影響することもありますので、住宅ローンを申請される際には、カードローンの残高がないことが望ましいです。

※反対に、住宅ローンの残高は貸金業法の総量規制対象に含まれません。

バランスが大切!